#37
最新回セミナー

ディープラーニング・人工知能概論

第37回目のテーマは「ディープラーニング(Deep Learning)」です。
株式会社情報医療 CTO 巣籠 悠輔 様にご登壇いただきます。

ここ最近、ディープラーニング(深層学習)がますます有名になり、研究やビジネスへの応用もますます活発になってきました。今や「人工知能」という言葉を新聞やテレビで目にしない日はないのではないでしょうか。

今回は、人工知能(ディープラーニング)に関して興味はあるけれど取り組めてはいないという方を対象に、理論の基本から実際の事例などについて解説していただきます。

お申し込みを締め切らせて頂きました。

セミナーの受付は終了いたしました。
お申込みいただき、ありがとうございました。

Keywordディープラーニング(Deep Learning)

第37回目のテーマは「ディープラーニング(Deep Learning)」です。

ここ最近、ディープラーニング(深層学習)がますます有名になり、研究やビジネスへの応用もますます活発になってきました。
今や「人工知能」という言葉を新聞やテレビで目にしない日はないのではないでしょうか。

実際、ディープラーニングが話題になりだした2012年頃と比較すると、たくさんの情報がオンライン上に集約され、簡単に文献を調べることができるようになっています。
また、ディープラーニングのモデルを簡単に実装できる便利なライブラリも次々と開発され、オープンソース化されているために、当時とは比べものにならないくらい、個人でも簡単にディープラーニングを実装して試すことができるようになりました。

一方で、ディープラーニングと聞くと、まだまだ

・ 興味はあるが、理論が難しそうなのでなかなかとっつけない
・どんなことに使えるのかいまいちイメージがつかない

という声をたくさん聞くのも事実です。

そこで、本セミナーでは、人工知能(ディープラーニング)に関して興味はあるけれど取り組めてはいないという方を対象に、理論の基本から実際の事例などについて解説していきます。

  • 人工知能の基礎知識
  • ディープラーニング理論の基本から応用まで
  • 人工知能技術をビジネスに活かすための考え方
  • 今後の人工知能技術の着目ポイント

講師について

講演

株式会社情報医療 CTO

巣籠 悠輔 様

Gunosy,READYFOR の創業メンバーとして、エンジニアリング、デザインを担当。 大学院修了後は電通にてデジタルクリエイティブの企画・制作、ディレクションに従事。Googleニューヨーク支社勤務を経て、株式会社情報医療を共同創業。 2016年9月より東京大学招聘講師。 著書 「Java Deep Learning Essentials」 等 東京大学工学部システム創成学科卒(首席)、東京大学大学院工学系研究科技術経営戦略学専攻卒

座談会

対談のお相手 / 次回講師

HoloEyes株式会社 代表取締役/CEO

谷口 直嗣 様

CGスタジオのR&D部門を経てフリーランスに、3Dプログラミングを軸にコンソールゲーム、インタラクティブ展示、スマートフォンアプリ、ロボットアプリケーション、VRアプリの企画開発を行う。 2016年10月にVR/MRを使った医療向けサービスを提供するHoloEyes株式会社を設立。 女子美術大学メディア表現領域にて非常勤講師としてゲームの企画開発の指導も行っている。 デジタルハリウッドロボティックスアカデミーサービスロボティックス専攻コースでも講師を務める。


モデレーター

ウェブアナリスト

小川 卓 様

開催概要

日時 2017/5/18(木) 19:00-21:40
場所 イタリア文化会館 3階 コーチ・ホール
地図を見る
定員 40
参加費
当日現金でのお支払い
無料
Paypalによる事前お支払い
無料

スケジュール

18:30 開場
19:00-20:30 講演、質疑応答
20:30-20:40 休憩
20:40-21:10 座談会
21:10-21:40 交流会