#38
最新回セミナー

VR(Virtual Reality)元年のその次へ

第38回目のテーマは「VR(Virtual Reality)」です。
HoloEyes株式会社 代表取締役/CEO 谷口 直嗣 様にご登壇いただきます。

2016年は VR元年 と言われ、VR はビジネスに向けて動き始めました。

2017年2月には、Microsoft社 から HoloLens が日本でも発売され、VR から Mixed Reality ( MR ) という言葉を聞く機会も増えて来ました。

本セミナーでは、VR の歴史の解説、VR や MR、AR についてのプラットフォーマーの動き、VR/MR のエンターテイメント事例やビジネス活用事例、どのようにコンテツやサービスの設計がされているかを解説していただきます。

お申し込みを締め切らせて頂きました。

セミナーの受付は終了いたしました。
お申込みいただき、ありがとうございました。

KeywordVR(Virtual Reality)

第38回目のテーマは「VR(Virtual Reality)」です。

2016年は VR元 年と言われ、それまでは開発者向けに販売されていた VRゴーグル の製品版の出荷が始まり、
一般の方も普通に買えるようになり、VR はビジネスに向けて動き始めました。

2017年2月には、Microsoft社 から HoloLens が日本でも発売され、VR から Mixed Reality ( MR ) という言葉を聞く機会も増えて来ました。
また、ついに Apple社 からも ARKit が発表されています。

本セミナーでは、VR の歴史の解説、VR や MR、AR についてのハードウェアやソフトウェアを提供するプラットフォーマーの動き、
さらに VR/MR のエンターテイメント事例やビジネス活用事例までをご紹介し、どのようにコンテツやサービスの設計がされているかも解説します。

  • 今のVRの波について解説
  • VRの原理、各種VRデバイスについて解説
  • エンターテイメント事例
  • ビジネス向け事例

講師について

講演

HoloEyes株式会社 代表取締役/CEO

谷口 直嗣 様

CGスタジオのR&D部門を経てフリーランスに、3Dプログラミングを軸にコンソールゲーム、インタラクティブ展示、スマートフォンアプリ、ロボットアプリケーション、VRアプリの企画開発を行う。 2016年10月にVR/MRを使った医療向けサービスを提供するHoloEyes株式会社を設立。 女子美術大学メディア表現領域にて非常勤講師としてゲームの企画開発の指導も行っている。 デジタルハリウッドロボティックスアカデミーサービスロボティックス専攻コースでも講師を務める。

座談会

対談のお相手 / 次回講師

株式会社 for Our Kids 共同創立者

中尾 瑛佑 様

株式会社 for Our Kids の共同創立者、代表・合同会社The WaggleのCEO 合同会社アステリソフト技術調査員を兼務。 陸上自衛隊に2任期従事した後、エンジニアとして開発に従事、ディレクター、営業と多様な職務を経験し、医療系コンサルティング会社にて教育サービス事業部長を務めた後、教育系スタートアップにビジネスプロデューサーとしてジョイン。 現在では代表を務める企業にて、ICT×教育をテーマとした教材開発および事業開発を行い、自ら開発した教材を使って教える活動をしている。


モデレーター

ウェブアナリスト

小川 卓 様

開催概要

日時 2017/7/19(水) 19:00-21:40
場所 イタリア文化会館 3階 コーチ・ホール
地図を見る
定員 40
参加費
当日現金でのお支払い
無料
Paypalによる事前お支払い
無料

スケジュール

18:30 開場
19:00-20:30 講演、質疑応答
20:30-20:40 休憩
20:40-21:10 座談会
21:10-21:40 交流会